メンズ

eラーニングの教材で効率良く育てる|会社で必要とされる人材育成法

企業で重視されてるスキル

2人の女の人

多くの企業では、コミュニケーション能力を必要としています。そのため、新人教育の際に研修を行なっている企業も沢山あります。コミュニケーション能力を身につけることによって仕事を成功させることができるのです。

More...

企業にとって必要不可欠

男性女性

ラウンダーには営業以外にも様々な仕事があることから、企業にとっては重要な人材となるのです。そのため、人材育成はきちんと行なわなくてはなりません。現在ではラウンダーを専門とする企業もあります。

More...

安心して働く

女性

病院内で働く女性の中には、子供がいる人もいる。そういった人が働きやすい環境として、病院内保育がある。気軽に病院内保育を利用することができるので、安心して働くことができるだろう。

More...

快適に働くため

3人の男性

子どもに対する手当は上昇傾向です

福利厚生には大きく分けて二つあります。一つは全社員が該当するもので、もう一つは特定の社員が該当するものです。全社員が該当するものには、年末の忘年会や社員旅行の費用などがあります。福利厚生として全額負担をする場合もありますし、一部負担とする時もあります。金額的には社員一人当たり数万円になるので、費用としては大きなものになります。特定の社員に対する福利厚生として代表的なものは、子ども手当や資格取得手当などです。子供に対しては行政も含め、社会全体として支援していく雰囲気が強いため、手当金額も上昇傾向にあります。資格取得手当は、難易度の高い資格になるほど手当が高くなるのが一般的です。

民間企業でも福利厚生が充実してきました

今では福利厚生は当たり前ですが、昔から多くの企業が福利厚生を導入していたわけではありません。企業の財務状況が厳しい場合は、福利厚生を行おうとしても、その財源がなければどうにもなりません。高度経済成長期になると、ようやく民間企業でも福利厚生を意識するようになりました。社員旅行などは、会社がお金を出してくれて旅行に行けるということで、1年に1度の社員の楽しみでした。近年は、社員旅行の人気は低くなっていますが、当時は、旅行に行く機会も少なかったこともあり、非常に人気が高かったのです。その後、子ども手当、住宅手当といったものが導入されるようになりました。いい仕事をしてもらうためには社員の生活環境を整えることが重要と考えたためです。近年では、資格取得手当といった、社員のスキルアップをフォローするまで福利厚生が充実しています。また、福利厚生が充実している企業では人材育成にも力を入れているところが多いです。人材育成では上司が直接部下に指導を行なったり、eラーニングやDVDを使用したりと様々な方法があります。部下が少ない企業であれば、直接指導を行なうところ多いですが、大勢の人材を指導していかないと行けない場合は、eラーニングやDVDを使用した指導の方が効率良く行なうことが可能なのです。